GET Bucket website

バケットのウェブサイト設定を返します。

Note

  • この操作を行う利用者は、バケット所有者か対象バケットに対してバケットポリシーのdag:GetBucketWebsite権限を付与されている必要があります。
  • デフォルトではバケット所有者のみこの操作が許可されており、バケット所有者はバケットポリシーによって他のアカウントに権限を付与することができます。

リクエスト情報

シンタックス

GET /?website HTTP/1.1
Host: {bucket name}.storage-dag.iijgio.com
Date: {date}
Authorization: {authorization string}

リクエストパラメータ

この操作ではリクエストパラメータは使用しません。

リクエストヘッダー

この操作では基本リクエストヘッダーのみ使用します。

リクエストエレメント

この操作ではリクエストエレメントは使用しません。

レスポンス情報

レスポンスヘッダー

この操作では基本レスポンスヘッダーのみ返します。

レスポンスエレメント

ウェブサイト設定は、リダイレクトの設定として全てのリクエストを(他のウェブサイトへ)リダイレクト高度な条件付きリダイレクトの2種類が用意されています。この操作ではそれぞれの設定によって異なるレスポンスエレメントを返します。

全てのリクエストをリダイレクト

表. GET Bucket website レスポンスエレメント一覧(リダイレクト)
名前 説明 必須
WebsiteConfiguration
ウェブサイト設定情報を含むコンテナ
型:Container
親:なし
RedirectAllRequestsTo
バケットのウェブサイトホスティング用のエンドポイントに対するリクエストのリダイレクト先の情報

この要素は複数指定することはできません。

型:Container
親:WebsiteConfiguration
HostName
リダイレクト先のホスト名
型:String
親:RedirectAllRequestsTo
Protocol
リダイレクトのリクエストに使用されるプロトコル( http もしくは https )

デフォルトではオリジナルのリクエストのプロトコルが使用されます。

型:String
親:RedirectAllRequestsTo
×

高度な条件付きリダイレクト

表. GET Bucket website レスポンスエレメント一覧(詳細)
名前 説明 必須
WebsiteConfiguration
ウェブサイト設定情報を含むコンテナ
型:Container
親:なし
IndexDocument
ルートドメインまたはサブフォルダに対するリクエストが行われた時に表示するデフォルトのHTMLドキュメント
型:Container
親:WebsiteConfiguration
Suffix
インデックスドキュメントを示すオブジェクトキーの接尾辞

この項目の値にはスラッシュ(/)を含めてはいけません。

型:String
親:IndexDocument
ErrorDocument
4XXクラスのエラーが発生した場合に表示するHTMLエラードキュメント
型:String
親:CORSRule
×
Key
HTMLエラードキュメントとして表示するオブジェクトのオブジェクトキー
型:String
親:ErrorDocument
RoutingRules
RoutingRule 要素のコレクションを入れるコンテナ

このコンテナの中には少なくとも1つのRoutingRule要素が存在する必要があります。

型:String
親:WebsiteConfiguration
×
RoutingRule
条件とリダイレクトを明示したルール

この条件が満たされたときにこのリダレクトが適用されます。

型:String
親:RoutingRules
Condition
条件を記述するためのコンテナ

この条件が満たされているときに、指定されたリダイレクトが適用されます。ルーティングの中に条件がない場合は、そのルールはすべてのリクエストに適用されます。

型:Container
親:RoutingRule
×
KeyPrefixEquals
リダイレクトするオブジェクトキーのプレフィックス
このプレフィックスに前方一致するリクエストがリダイレクトされます。
HttpErrorCodeReturnedEquals 要素が指定されていない場合は KeyPrefixEquals は必須となります。 KeyPrefixEqualsHttpErrorCodeReturnedEquals の両方が指定されている場合は、両方が真である場合にのみ条件が満たされていると見なされます。
型:String
親:Condition
HttpErrorCodeReturnedEquals
リダイレクトするHTTPエラーコード
エラーが発生した場合に、このHTTPエラーコードに一致している場合にのみ、リダイレクトが適用されます。
HttpErrorCodeReturnedEquals 要素が指定されていない場合は KeyPrefixEquals は必須となります。 KeyPrefixEqualsHttpErrorCodeReturnedEquals の両方が指定されている場合は、両方が真である場合にのみ条件が満たされていると見なされます。
型:String
親:Condition
Redirect
リダイレクトの内容を記述するためのコンテナ
リクエストのリダイレクトに関する支持を表すのに使用されます。リクエストを別のホストや別のページにリダイレクトすることも、別のプロトコルの使用を指定することもできます。1つの RoutingRule に対して、1つの Redirect 要素が存在する必要があります。
1つの Redirect 要素の中に、 ProtocolHostNameReplaceKeyPrefixWithReplaceKeyWithHttpRedirectCode の要素のうち1つ以上が存在する必要があります。
型:Container
親:RoutingRules
Protocol
レスポンスとして返される Location ヘッダーで使用されるプロトコル( http または https

Protocolは、同じレベルの要素の1つが指定されている場合は省略可能です。

型:String
親:Redirect
×
HostName
レスポンスとして返される Location ヘッダーで使用されるホスト名

HostNameは、同じレベルの要素の1つが指定されている場合は省略可能です。

型:String
親:Redirect
×
ReplaceKeyPrefixWith
リダイレクトリクエストの中の KeyPrefixEquals の値を置き変えるオブジェクトキーのプレフィックス

ReplaceKeyPrefixWithは、同じレベルの要素の1つが指定されている場合は省略可能です。これを指定できるのは、ReplaceKeyWithが指定されていない場合のみです。

型:String
親:Redirect
×
ReplaceKeyWith
レスポンスとして返される Location ヘッダーで使用されるオブジェクトキー

ReplaceKeyWithは、同じレベルの要素の1つが指定されている場合は省略可能です。これを指定できるのは、ReplaceKeyPrefixWithが指定されていない場合のみです。

型:String
親:Redirect
×
HttpRedirectCode
レスポンスで使用するHTTPリダイレクトコード

HttpRedirectCodeは、同じレベルの要素の1つが指定されている場合は省略可能です。

型:String
親:Redirect
×

エラー情報

この操作は共通のエラーレスポンスを返します。詳しくはエラーコード一覧をご覧ください。

サンプル

バケットのウェブサイト設定を取得するサンプル
リクエスト
GET ?website HTTP/1.1
Host: mybucket.storage-dag.iijgio.com
Date: Wed, 1 Oct 2014 00:00:00 GMT
Authorization: IIJGIO 15B4D3461F177624206A:xQE0diMbLRepdf3YB+FIEXAMPLE=
レスポンス
HTTP/1.1 200 OK
x-iijgio-id-2: eftixk72aD6Ap51TnqcoF8eFidJG9Z/2mkiDFu8yU9AS1ed4OpIszj7UDNEHGran
x-iijgio-request-id: 318BC8BC148832E5
Date: Wed, 1 Oct 2014 00:00:00 GMT
Content-Length: 240
Content-Type: application/xml
Transfer-Encoding: chunked
Server: storage-dag.iijgio.com

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<WebsiteConfiguration xmlns="http://acs.dag.iijgio.com/doc/2006-03-01/">
  <IndexDocument>
    <Suffix>index.html</Suffix>
  </IndexDocument>
  <ErrorDocument>
    <Key>404.html</Key>
  </ErrorDocument>
</WebsiteConfiguration>

PUT Bucket website

バケットのウェブサイト設定を登録します。既に設定されている場合は、指定したウェブサイト設定に置き換えます。

Note

  • この操作を行う利用者は、バケット所有者か対象バケットに対してバケットポリシーのdag:PutBucketWebsite権限を付与されている必要があります。
  • デフォルトではバケット所有者のみこの操作が許可されており、バケット所有者はバケットポリシーによって他のアカウントに権限を付与することができます。
  • ウェブサイト設定の機能(デフォルトページ、エラーページの表示やリダイレクト等)は通常のREST API用のエンドポイントへのアクセスでは機能しません。専用のエンドポイントへのアクセスが必要です。詳細は静的Webサイトホスティングを確認してください。

リクエスト情報

シンタックス

PUT /?website HTTP/1.1
Host: {bucket name}.storage-dag.iijgio.com
Date: {date}
Content-Length: {length}
Authorization: {authorization string}

<WebsiteConfiguration xmlns="http://acs.dag.iijgio.com/doc/2006-03-01/">
  <!-- website configuration information. -->
</WebsiteConfiguration>

リクエストパラメータ

この操作ではリクエストパラメータは使用しません。

リクエストヘッダー

この操作では基本リクエストヘッダーのみ使用します。

リクエストエレメント

ウェブサイト設定は、リダイレクトの設定として全てのリクエストを(他のウェブサイトへ)リダイレクト高度な条件付きリダイレクトの2種類が用意されています。ウェブサイト設定を指定する場合は、それぞれの内容に応じてリクエストエレメントを指定する必要があります。

全てのリクエストをリダイレクト

表. GET Bucket website リクエストエレメント一覧(リダイレクト)
名前 説明 必須
WebsiteConfiguration
ウェブサイト設定情報を含むコンテナ
型:Container
親:なし
RedirectAllRequestsTo
バケットのウェブサイトホスティング用のエンドポイントに対するリクエストのリダイレクト先の情報

この要素は複数指定することはできません。

型:Container
親:WebsiteConfiguration
HostName
リダイレクト先のホスト名
型:String
親:RedirectAllRequestsTo
Protocol
リダイレクトのリクエストに使用されるプロトコル( http もしくは https )

デフォルトではオリジナルのリクエストのプロトコルが使用されます。

型:String
親:RedirectAllRequestsTo
×

高度な条件付きリダイレクト

表. GET Bucket website レスポンスエレメント一覧(詳細)
名前 説明 必須
WebsiteConfiguration
ウェブサイト設定情報を含むコンテナ
型:Container
親:なし
IndexDocument
ルートドメインまたはサブフォルダに対するリクエストが行われた時に表示するデフォルトのHTMLドキュメント
型:Container
親:WebsiteConfiguration
Suffix
インデックスドキュメントを示すオブジェクトキーの接尾辞

この項目の値にはスラッシュ(/)を含めてはいけません。

型:String
親:IndexDocument
ErrorDocument
4XXクラスのエラーが発生した場合に表示するHTMLエラードキュメント
型:String
親:CORSRule
×
Key
HTMLエラードキュメントとして表示するオブジェクトのオブジェクトキー
型:String
親:ErrorDocument
RoutingRules
RoutingRule 要素のコレクションを入れるコンテナ

このコンテナの中には少なくとも1つのRoutingRule要素が存在する必要があります。

型:String
親:WebsiteConfiguration
×
RoutingRule
条件とリダイレクトを明示したルール

この条件が満たされたときにこのリダレクトが適用されます。

型:String
親:RoutingRules
Condition
条件を記述するためのコンテナ

この条件が満たされているときに、指定されたリダイレクトが適用されます。ルーティングの中に条件がない場合は、そのルールはすべてのリクエストに適用されます。

型:Container
親:RoutingRule
×
KeyPrefixEquals
リダイレクトするオブジェクトキーのプレフィックス
このプレフィックスに前方一致するリクエストがリダイレクトされます。
HttpErrorCodeReturnedEquals 要素が指定されていない場合は KeyPrefixEquals は必須となります。 KeyPrefixEqualsHttpErrorCodeReturnedEquals の両方が指定されている場合は、両方が真である場合にのみ条件が満たされていると見なされます。
型:String
親:Condition
HttpErrorCodeReturnedEquals
リダイレクトするHTTPエラーコード
エラーが発生した場合に、このHTTPエラーコードに一致している場合にのみ、リダイレクトが適用されます。
HttpErrorCodeReturnedEquals 要素が指定されていない場合は KeyPrefixEquals は必須となります。 KeyPrefixEqualsHttpErrorCodeReturnedEquals の両方が指定されている場合は、両方が真である場合にのみ条件が満たされていると見なされます。
型:String
親:Condition
Redirect
リダイレクトの内容を記述するためのコンテナ
リクエストのリダイレクトに関する指示を表すのに使用されます。リクエストを別のホストや別のページにリダイレクトすることも、別のプロトコルの使用を指定することもできます。1つの RoutingRule に対して、1つの Redirect 要素が存在する必要があります。
1つの Redirect 要素の中に、 ProtocolHostNameReplaceKeyPrefixWithReplaceKeyWithHttpRedirectCode の要素のうち1つ以上が存在する必要があります。
型:Container
親:RoutingRules
Protocol
レスポンスとして返される Location ヘッダーで使用されるプロトコル( http または https

Protocolは、同じレベルの要素の1つが指定されている場合は省略可能です。

型:String
親:Redirect
×
HostName
レスポンスとして返される Location ヘッダーで使用されるホスト名

HostNameは、同じレベルの要素の1つが指定されている場合は省略可能です。

型:String
親:Redirect
×
ReplaceKeyPrefixWith
リダイレクトリクエストの中の KeyPrefixEquals の値を置き変えるオブジェクトキーのプレフィックス

ReplaceKeyPrefixWithは、同じレベルの要素の1つが指定されている場合は省略可能です。これを指定できるのは、ReplaceKeyWithが指定されていない場合のみです。

型:String
親:Redirect
×
ReplaceKeyWith
レスポンスとして返される Location ヘッダーで使用されるオブジェクトキー

ReplaceKeyWithは、同じレベルの要素の1つが指定されている場合は省略可能です。これを指定できるのは、ReplaceKeyPrefixWithが指定されていない場合のみです。

型:String
親:Redirect
×
HttpRedirectCode
レスポンスで使用するHTTPリダイレクトコード

HttpRedirectCodeは、同じレベルの要素の1つが指定されている場合は省略可能です。

型:String
親:Redirect
×

レスポンス情報

レスポンスヘッダー

この操作では基本レスポンスヘッダーのみ返します。

レスポンスエレメント

この操作はレスポンスエレメントを返しません。

エラー情報

この操作は共通のエラーレスポンスを返します。詳しくはエラーコード一覧をご覧ください。

サンプル

サンプル1:バケットをウェブサイトとして設定する

example.comというバケットをウェブサイトとして設定します。このサンプルでは基本的なウェブサイト設定として、インデックスドキュメントとエラードキュメントを指定します。

リクエスト

PUT ?website HTTP/1.1
Host: example.com.storage-dag.iijgio.com
Content-Length: 256
Date: Wed, 1 Oct 2014 00:00:00 GMT
Authorization: IIJGIO 15B4D3461F177624206A:xQE0diMbLRepdf3YB+FIEXAMPLE=

<WebsiteConfiguration xmlns='http://acs.dag.iijgio.com/doc/2006-03-01/'>
    <IndexDocument>
        <Suffix>index.html</Suffix>
    </IndexDocument>
    <ErrorDocument>
        <Key>error.html</Key>
    </ErrorDocument>
</WebsiteConfiguration>

レスポンス

HTTP/1.1 200 OK
x-iijgio-id-2: eftixk72aD6Ap51TnqcoF8eFidJG9Z/2mkiDFu8yU9AS1ed4OpIszj7UDNEHGran
x-iijgio-request-id: 318BC8BC148832E5
Date: Wed, 1 Oct 2014 00:00:00 GMT
Content-Length: 0
Server: storage-dag.iijgio.com

サンプル2:全てのリクエストをリダイレクトする

www.example.comというバケットをexample.comへリダイレクトするウェブサイトとして設定します。

リクエスト

PUT ?website HTTP/1.1
Host: example.com.storage-dag.iijgio.com
Content-Length: 182
Date: Wed, 1 Oct 2014 00:00:00 GMT
Authorization: IIJGIO 15B4D3461F177624206A:xQE0diMbLRepdf3YB+FIEXAMPLE=

<WebsiteConfiguration xmlns='http://acs.dag.iijgio.com/doc/2006-03-01/'>
  <RedirectAllRequestsTo>
     <HostName>example.com</HostName>
   </RedirectAllRequestsTo>
</WebsiteConfiguration>

レスポンス

HTTP/1.1 200 OK
x-iijgio-id-2: eftixk72aD6Ap51TnqcoF8eFidJG9Z/2mkiDFu8yU9AS1ed4OpIszj7UDNEHGran
x-iijgio-request-id: 318BC8BC148832E5
Date: Wed, 1 Oct 2014 00:00:00 GMT
Content-Length: 0
Server: storage-dag.iijgio.com

サンプル3:高度なリダイレクトの条件を設定する

/docs/に対するリクエストを/documents/にリダイレクトするウェブサイト設定を登録します。

リクエスト

PUT ?website HTTP/1.1
Host: example.com.storage-dag.iijgio.com
Content-Length: 470
Date: Wed, 1 Oct 2014 00:00:00 GMT
Authorization: IIJGIO 15B4D3461F177624206A:xQE0diMbLRepdf3YB+FIEXAMPLE=

<WebsiteConfiguration xmlns='http://acs.dag.iijgio.com/doc/2006-03-01/'>
  <IndexDocument>
    <Suffix>index.html</Suffix>
  </IndexDocument>
  <ErrorDocument>
    <Key>error.html</Key>
  </ErrorDocument>

  <RoutingRules>
    <RoutingRule>
    <Condition>
      <KeyPrefixEquals>docs/</KeyPrefixEquals>
    </Condition>
    <Redirect>
      <ReplaceKeyPrefixWith>documents/</ReplaceKeyPrefixWith>
    </Redirect>
    </RoutingRule>
  </RoutingRules>
</WebsiteConfiguration>

レスポンス

HTTP/1.1 200 OK
x-iijgio-id-2: eftixk72aD6Ap51TnqcoF8eFidJG9Z/2mkiDFu8yU9AS1ed4OpIszj7UDNEHGran
x-iijgio-request-id: 318BC8BC148832E5
Date: Wed, 1 Oct 2014 00:00:00 GMT
Content-Length: 0
Server: storage-dag.iijgio.com

サンプル4:エラー時のリダイレクトを設定する

リクエストされたオブジェクトが見つからないときに、リクエストを外部のサイトへリダイレクトするウェブサイト設定を登録します。

以下は、オブジェクトが存在しない場合にexample.comerrorsというサブディレクトリへリダイレクトするサンプルです。

リクエスト

PUT ?website HTTP/1.1
Host: example.com.storage-dag.iijgio.com
Content-Length: 470
Date: Wed, 1 Oct 2014 00:00:00 GMT
Authorization: IIJGIO 15B4D3461F177624206A:xQE0diMbLRepdf3YB+FIEXAMPLE=

<WebsiteConfiguration xmlns='http://acs.dag.iijgio.com/doc/2006-03-01/'>
  <IndexDocument>
    <Suffix>index.html</Suffix>
  </IndexDocument>
  <ErrorDocument>
    <Key>error.html</Key>
  </ErrorDocument>

  <RoutingRules>
     <RoutingRule>
     <Condition>
       <HttpErrorCodeReturnedEquals>404</HttpErrorCodeReturnedEquals >
     </Condition>
     <Redirect>
       <HostName>example.com</HostName>
       <ReplaceKeyPrefixWith>errors/</ReplaceKeyPrefixWith>
     </Redirect>
     </RoutingRule>
  </RoutingRules>
</WebsiteConfiguration>

レスポンス

HTTP/1.1 200 OK
x-iijgio-id-2: eftixk72aD6Ap51TnqcoF8eFidJG9Z/2mkiDFu8yU9AS1ed4OpIszj7UDNEHGran
x-iijgio-request-id: 318BC8BC148832E5
Date: Wed, 1 Oct 2014 00:00:00 GMT
Content-Length: 0
Server: storage-dag.iijgio.com

DELETE Bucket website

バケットの設定されているウェブサイト設定を削除します。

もしウェブサイト設定が存在しない状態でこの操作を行った場合には404のエラーレスポンスを返します。

Note

  • この操作を行う利用者は、バケット所有者か対象バケットに対してバケットポリシーのdag:DeleteBucketWebsite権限を付与されている必要があります。
  • デフォルトではバケット所有者のみこの操作が許可されており、バケット所有者はバケットポリシーによって他のアカウントに権限を付与することができます。

リクエスト情報

シンタックス

DELETE /?website HTTP/1.1
Host: {bucket name}.storage-dag.iijgio.com
Date: {date}
Authorization: {authorization string}

リクエストパラメータ

この操作ではリクエストパラメータは使用しません。

リクエストヘッダー

この操作では基本リクエストヘッダーのみ使用します。

リクエストエレメント

この操作ではリクエストエレメントは使用しません。

レスポンス情報

レスポンスヘッダー

この操作では基本レスポンスヘッダーのみ返します。

レスポンスエレメント

この操作はレスポンスエレメントを返しません。

エラー情報

この操作は共通のエラーレスポンスを返します。詳しくはエラーコード一覧をご覧ください。

サンプル

バケットのウェブサイト設定を削除するサンプル
リクエスト
DELETE ?website HTTP/1.1
Host: mybucket.storage-dag.iijgio.com
Date: Wed, 1 Oct 2014 00:00:00 GMT
Authorization: IIJGIO 15B4D3461F177624206A:xQE0diMbLRepdf3YB+FIEXAMPLE=
レスポンス
HTTP/1.1 204 No Content
x-iijgio-id-2: eftixk72aD6Ap51TnqcoF8eFidJG9Z/2mkiDFu8yU9AS1ed4OpIszj7UDNEHGran
x-iijgio-request-id: 318BC8BC148832E5
Date: Wed, 1 Oct 2014 00:00:00 GMT
Server: storage-dag.iijgio.com
Content-Length: 0

ページ先頭へ